スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑文まとめて掲載

物語を物語る

雑文3つまとめて載せます。

不良警官は「キティの刑」で考える自分にとって恥ずかしいこと。

8月7日読売新聞で面白い記事を見つけたので、載せます。

『タイ警察の犯罪捜査局は、6日、遅刻など警察官としてふさわしくない行動をとった不心得者に対し、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」をあしらったピンク色の腕章を強制着用させる罰則をスタートさせた。恥ずかしい思いをさせ反省を促すのが目的だが、著作権侵害の可能性もあり、波紋を呼びそうだ。  中略  幹部が、「もっと目立ち、人に後ろ指をさされるようなものを」とキティ腕章を考案。着用期間は1~3日で、局外に出る場合も外すことができないという。風紀担当者は、「男のくせにキティちゃんを身につけさせられる羞恥心は相当なはず。効果を期待する」と自信満々。だが、図柄はサンリオの許可を受けておらず、明らかにコピー品。同局は、「局内の限定的な利用で、著作権は侵害していない」と主張している。』

という記事。さて、この記事が私の興味を引いたのは、著作権侵害でも、外国のコピー商品といったことではない。
外国では、大人の男がキティちゃんを身につけていたら、後ろ指を指されるほど恥ずかしい思いをする、ということだ。
日本では、キティちゃんが大好きなおっさんなんてかなりいるし、キティのTシャツを着ているおやじだって見たことがある。(その本人に羞恥心などないし、かなり喜んで着ているはずだ)
そういう意味でいえば、日本人は、アニメやキャラクターが大好きですね。
私もマイメロのクロミのハンカチを平気で使っているし、会社にドラえもんのネクタイをしてきている奴もいる。
警視庁のマスコット「ピーポーくん」だってかなり子供向けだが、これを警察官の幹部が抱いていたって、羞恥心を味わうほど恥ずかしいってことでもないでしょう。逆に、好感度が上がったりするかも。
日本人って、キャラクターものに寛大なのか、もともとこういうものが大好きな国民なのか、その辺が実に面白い。

では、どんなものを身につけていたら、恥ずかしいか、いろいろ考えてみた。
タイの警察みたいに腕につけるようなものとなると、何かの写真とかになるかな。
自分的には、キャラクターものだったら全然大丈夫。むしろ付けていたいくらい。(周りの人にとめられるけど)
恥かしくなるもの……、小島よしおの写真とか、でもこれから流行りそうだから、そんなに恥ずかしくないだろうな。じゃー今どきって感じで、レーザーラモンとか、ゲッツのダンディ坂野とかだったら……、これならかなり恥ずかしい度がアップするだろう。
それとも、細木数子が「地獄へ落ちるわよ」って言ってる写真をセリフ付きで身につけていたら、おっ、これだったら後ろ指さされそうだな。いや、吉川ひなのとイザムとの結婚会見のときの写真とか、ホリエモンが「かいてん、かいてん」と言いながら回っている写真とか、ハッピハッピーと三原じゅん子がダイエットの広告をしているときの写真とか、……。うわー考えると結構あります。
みなさんも考えてみてください。これって意外に面白いですよ。


フジテレビの「なまか」意識は気持ち悪い。

最近のフジテレビは結束意識を高めようとしているのか、やたらと仲間、友情を前面に出している。
「なまか」は、西遊記の中で香取慎吾が言うセリフで「なかま」の意味らしい。(全く興味ないが)
なぜ、フジテレビが、仲間意識を強化しょうとしているのか。それは、去年のライブドアの一件があるからだろう。一歩間違えば、フジテレビは解体され売り飛ばされ、全く違う会社になっていたかもしれない。その恐怖が、いまの仲間意識につながっているのだろう。
グループの結束を図るために、言霊や呪詛のように「なまか」という言葉を使っているのかもしれない。

それにしても、フジテレビの制作する映画は、どうも私の肌に合わない。
どの映画にも、本筋と関係のない友情ストーリーが必ずといっていいほどついている、これが微妙に気持ち悪い。
フジテレビ制作の映画を見るときに、気にして見て下さい、本当に気味が悪いくらいで、見事にメーンストーリーを邪魔してますから。


娘におやじの気持ちなど分かるまい。

布団に寝っころがりながら、ブログの更新(徳川埋蔵金の話)をしている。
その隣では、5歳の娘が寝ている。
無邪気な顔をして、両手を上にあげて……。
まるで、天使が舞い降りてきたような感じ。西洋絵画のラファエロの天使のように、どこか崇高な感じさえする。
昼間は娘に遊んでもらった。ちょっと拗ねると「遊んであげない」と言われる。
ハム太郎を見た。歌も歌った。一緒に歌わないと遊んでもらえないので、歌う。だから、私もアンパンマンの歌はメドレーで歌える。
お金がない、お金がないと口癖のように言っていたら、娘は自分の財布から、お金を出して、10円をくれた。実に気前がいい。娘にとって、10円玉は100円より価値があると思っている。
あと2,3年もしたら、もう一緒に遊ぶこともなくなってしまうだろう。
中学校にでも行ったら、「口がくさい」とか「おやじ臭がする」といって近くにも寄らなくなってしまうだろう。
高校生になったら、「うざい」といって話もしなくなるだろう。
そう考えると、今は、人生のうちで最高に幸福なのかもしれない。
しかしその期間は人生の中ではとても短い時間でしかない。だが、その実感もなく、過ぎていく。日常とは恐ろしい。あのときは幸せだった、と気付くのは、過去を振り返ったとき。
神様がいて、あなたの人生のうちで、今が一番幸せなときですよ、と知らせてくれればいい。(でもそれはそれで嫌かな。)
栃木県で起こったリンチ殺害事件というものがあった。詳しいことは忘れたが、20歳くらいの男性を友人たちが暴行して、殺した事件だった。
そのとき被害者の父親がインタビューに答えていた。「息子のことを思い出すが、なぜか、5歳くらいのときばかりが思い出されて、悲しい」と。

いま自分の娘が5歳になって、この被害者の父親の言葉がよく分かる。なるほど、こんな幸福な時間を過ごしたことは一生忘れないだろう。
子供と楽しい時間を過ごすのは、案外、短い。
それに、楽しいの裏返しにはどこか、切ないさがある。
それは、夏の花火のように短く、儚い感じに似ている。華やかであればあるほど、感傷的になる。花火のあとの寂しさは、なんとも言えませんからね。
そう、おやじの娘への感情はそんなものかな。
だから、おやじさんに「口が臭い」とか「足が臭い」とか、「ハゲ」とか「出世しろ」とか言わないで。結構傷つくんですよ。
天使みたいな時期を知っているだけに、余計心にぐさりとくる。
同じようなことを言われたら傷つくくせに、なぜおやじには平気で言えるのか。
おー悲しい。空しい。

今日はなぜか、愚痴ってます。


以上の3記事。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

★新発売★ラーメンがリアル!!なると・チャーシュー・ネギ具もちゃんとのってるよ。どんぶりには、「高山ラーメン」の文字も・・・厳しいチェックはしておりますが小さい商品ですので、多少の色ムラ・袋・タグにしわがある場合があります。ご了承下さい。      ・「キ

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年08月 09日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 時事ネタ
  └ 雑文まとめて掲載
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。