スポンサーサイト

物語を物語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無駄な、朝青龍同情論

物語を物語る

やはり朝青龍同情論増えてきましたね。まあ私としては、朝青龍の件は本人が起こした問題であって、批判の矛先が親方や相撲協会に向いていること自体がおかしなことになっている、と思っています。
例えば、白鵬や琴欧州が同じような事件(仮病で本国に帰り、巡業をさぼる)を起こしても、これほど問題にはならないだろう。これは朝青龍の今まで起こした所業が積み重なっているのであって、サッカーをしていたぐらいで可哀そうだという意見は、この問題の上っ面だけしか見ていないということです。
同情する前に過去に犯した事件の記事を読んだ方がいい。パトカーを呼んだ横綱がかつていたか、負けた力士の車を破壊する横綱が今までにいたか、ということです。
まあそれでも、これから同情論は増えていくだろう。モンゴルとの関係を含めて。
それにしても、相撲協会は何を恐れているのか?
きっと朝青龍がやけになっていろいろなことをしゃべるのが怖いのか。
それってあのこと?
それに親方が弟子を説得するという意味が分からない。なにを説得するの?
無理に記者会見を開いて、問題の収束を図ろうというのか。親方が弟子のところにのこのこ出かけていくのもおかしなこと。これを清水圭がワイドショーのコメントで「親方が弟子のところに出向くのは、おかしなことではない。サッカーでも怪我をした選手のところに監督が会いに行く」といったとんちんかんなことを言っていた。
おいおい、まず子弟関係というものが分かっていない。それに問題を起こした人のところに出向くのと、怪我を見舞うので行くのでは全く趣旨の違うことで同列に語るべきことではない。この辺の問題の核心が分かっていないコメンテーターが、同情論をぶちまけることが多いんですよ。

実は、朝青龍や相撲巡業にひっかけて「相撲巡業ってマレビトなのか」という記事を書こうとしていた。そこで、いろいろ調べていたが……。
相撲業界の黒い噂(八百長、女や暴力団との関係)が次々と出てきて、書くのがいやになってしまった。
朝青龍を腫れものに触るようにしている協会が、問題の本当のところを隠そうとしているのが、何となく見えますね。
まあそのうち、週刊誌が書くだろうから、それを読むことにしましょう。

追記  これでまた、アクセス数が伸びます(ニガ笑)。
前の記事にそれとなくつながってますね。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

カスタム検索




FC2ブログランキング


すみません…、只今コメ返しをしておりません。しかし、しっかりと読んでおります。こんなわがままなサイトですが、気が向いた方は、どうぞ書き込んでください。

FC2ブックマークに追加

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
物語を物語る
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年08月 17日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 相撲ネタ
  └ 無駄な、朝青龍同情論
by AlphaWolfy

消えた二十二巻

Author:消えた二十二巻


全ての記事を表示する




このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。